採用調査で採用を強固に
採用調査サービス「3Rチェック」

採用調査が求められる理由

PROBLEM
  • 従業員に求められるコンプライアンス意識
  • 近年、働き方の改革と共に従業員個人に注目されるケースが増加し、副業の自由化、労働形態の多様化などのポジティブな面もあればコンプライアンス違反を起こす従業員個人も増え続けている現状です。犯罪を起こす、反社会的組織に関連がある、詐称行為を行うなどのわかりやすい面からインターネット上の誹謗中傷やSNSでの炎上一つで会社のイメージやブランド価値を損ねる事件も後を立ちません。
  • 増え続ける面談での誇張表現や詐称行為
  • 採用面接において求職者と接触する時間はわずかに2-3時間が一般的です。弊社の調査データによるとい約11.3人に1人が重大な詐称行為、また5.3人1人が軽度な誇張表現を行なっているという結果になります。近年、多くの企業でこの短い時間の中で見抜き切ることは不可能だと考える流れがあり、今後も面接+その他の判断基準を調査・収集する行為は増えていくでしょう。
  • 採用を最適化するためのオンボーディングやリファラルチェック
  • 採用担当の業務は内定を出すまでではありません。オンボーディングプロセスをいかに適切に行い成果を出すまでが業務範囲に含まれるようになる傾向が強く、内定を出した後に実務のパフォーマンスの調査や候補者もなかなか気づけない長所や短所などを前職の上司や同僚にヒアリングを行うリファラルチェックが増えています。価値観や働き方の多様化によりポジティブな転職は今後も増え続け、スムーズな転職活動を行えるように企業同士や土井同僚同士が助け合う時代になってくるでしょう。

3つの採用調査サービス

SERVICE
3Rコンサルティングは3つの採用調査サービスを行なっております。それぞれ目的が明確に異なりますので、クライアントにとって一番求めているものは何なのかをヒアリングしながら導入しております。
  • インターネット調査
    インターネット調査
    調査対象者の職務経歴書に掲載されている基本情報のみ(名前、学歴、職歴、メールアドレス)を元にインターネット上で公開されている全ての情報を調査いたします。
    • SNS調査
    • ブログ調査
    • 各種サービスID調査
    • 検索エンジン調査
    15,000円/一人
  • 経歴確認調査
    バックグラウンド調査
    調査対象者から提出された職務経歴書と雇用保険加入履歴の照合作業や、確定申告、源泉徴収票から申告年収との差異がないかなどの調査を行います。
    • 経歴調査
    • 年収調査
    • 学歴調査
    • 犯罪歴調査
    15,000円/一人
  • リファレンス調査
    リファレンス調査
    調査対象者から共有される在籍(前職)企業での関係者へのヒアリングをクライアント企業に代わり完全非公開で行いレポーティングいたします。
    • 在籍(前職)企業上司の評価
    • 在籍(前職)企業同僚の評価
    • 在籍(前職)企業人事評価
    • 在籍(前職)企業取引先評価
    30,000円/一人

よくある質問

Q&A
Q1. 調査対象者の個人情報の取り扱いはどのようになっていますか?
調査対象者へは採用活動の一環として調査活動を行うことに対して事前告知を行い、同意を取得する必要があります。大抵の場合は採用応募時に同意書の提出等で行うケースが一般的です。
Q2. 希望している全ての調査項目を取得することができますか?
全ての項目の取得はできません。インターネット調査では本人が完全匿名で全ての活動を行なっている場合は調査できません。また経歴調査やリファラル調査なども本人の協力が必要な場合があります。
Q3.調査の結果を元に内定取り消しまたは解雇を行うことはできますか?
業務と直接的な関係のある重大な詐称行為は内定取り消しの対象になります。一方で軽微な詐称行為や人格や性格の問題、犯罪歴の隠蔽、インターネット上の素行など業務に直接的に関係のない理由での取り消しはできない傾向にあります。
Q4.調査はどのタイミングで行うべきでしょうか?
企業にの導入目的によって異なりますが、インターネット調査は内定前に行い、内定後に経歴調査、リファラル調査を行うことが一般的です。対象者が現在、就業していない場合は内定前に行うことも検討できます。

お問い合わせ

CONTACT
興味のある調査サービス

インターネット調査経歴調査リファラル調査

企業名

担当者名

メールアドレス